Yahoo!ストア構築支援案件第1号のクライアントさんに、記念すべき初売り上げがあったので、記録がてら振り返りをエントリーにしてみようかと思います。

長いので、前・後編に分けます。

 

開店までの長い道のり

昨年末の孫正義さんによるEC革命宣言のニュースから、Yahoo!ストアの出店無料化に目をつけ、クライアントさんに提案したことがそもそものスタートでした。

クライアントさんが、Web周りの部分を自分でやるのは難しいということなので、分業してレベニューシェアすることでまとまりました。(レベニューシェアとは、簡単にいうと売り上げから経費を引いた利益を分け合う契約方式)

私自身は、過去に既存のECサイトへの支援はしていたものの、出店・運営した経験はまったくありませんでした。でも、まあ「何でもやってみなけりゃ始まらない」と、根拠の無い自信をもとに一歩を踏み出したのでした。

今年1月の終わり頃に出店審査を通過したものの、わからないことだらけでなかなか前に進まず、クライアントさんとの調整も難航して、実際に開店できたのは5月の終わりかけでした。

 

いざ開店~売上0の日々(とらぬ狸の皮算用)

まずは少しずつ商品の登録を増やしていき、広告の投入はある程度商品ラインナップが揃ってからという作戦を取りました。
大きな投資は避け、キーワード選定によるストア内SEO対策と、既存のブログ型HPの連携とソーシャルによる拡散をメインに、地道にアクセスアップを目指すことに。

また、開店2か月時点で目玉商品を投入する作戦を実行しました。
それは、クライアントさんの独自のコネクションで取り扱いが可能なブランドの商品で、ネット上では競合のない自信のある商品でした。実際に、東京のある一部のコミュニティからの紹介がないとその商品は買えず、ネット掲示板上などで、「どこで買えるんだろう?」と、度々話題に上ることもありました。アップした途端に東京を除く全国から注文が来るだろうと目論んでいました。

ところが、「そろそろだろ~」と期待に胸を膨らませていましたが、待てど暮らせど注文がありません。
正直、これには焦りました。
ただ、ストア内PVが目玉商品掲載後に飛躍的にアップしました。と言っても、月間1,000程度になったレベルですが、始めの2ヶ月は3桁に届かなかったので。。。
このあとは、売り上げ第1号が出るのを待ちながら、地道にコンテンツを増やしていくことぐらいしか、具体的な動きはできませんでした。

 

ついに!初の売上

9月2日の朝、目覚めてからいつものようにスマホでメールをチェックした時のことでした。

「【yahoo!ショッピング】注文確認:」

というタイトルのメールが目に止まりました。タップして本文を見てみると、

「yahoo!ショッピング(送信先) 23:52

こんにちは、◯◯さん

あなたのストアへの注文を受け付けました。

注文情報詳細で注文内容をご確認ください。」

間違いなく、売り上げ第1号を告げるメールでした。売上金額はおよそ10,000円でした。

「ついに来たぞ!」と朝からテンションがMAXまで上りました。

 

頃合いを見てクライアントさんに電話をします。努めて冷静を装いながら、yahoo!ストアからの注文メール見ましたか?とたずねました。

クライアントさん「見ました!ついに来ましたね~。スゴいっすね!どうしましょうかね?」

と、若干パニックになってらっしゃる(笑)

 

午後イチで打ち合わせることにして、私はすぐにPCに向かいました。始めての注文処理ですので、ミスがあってはいけないと、マニュアルに目を通しました。やるべきことを把握し、注文承諾メールを送る処理を済ませ、クライアントさんに手渡すための注文伝票をプリントアウトしました。

>>続きは後編で。