地元で建築用資材の卸売業を営む老舗の、若手経営者さんをコンサルさせていただく中で、こちらが勉強になったなぁということがありました。

 

40代前半で、間もなく現社長である父親から代替わりをして次期社長になる予定のこの経営者さん。会社の将来を見据えて、建築資材を活用できるライフハック商品という新しい分野への進出を決意したのが5年前のことだったそう。

特にパソコンが得意というわけではないけれど、これからはネットで情報発信の時代だ!と思い立って8年前アメブロを始めた。そして始めてはみたものの、とにかく続けることが苦しかった。何を書こうか、どうすれば読んでもらえるか、メチャクチャ悩んだ時期には更新が滞ったこともあった。5年前の新商品発売を機に、なんとかネタをひねり出して今日まで続けてきたんだそうです。

その結果、現在では月間10,000PV(ページビュー)のブログに育っていて、コメントも付いて交流も盛んで、実際に売上にも貢献しているという。

まさに経営資産としてブログが存在しているわけです。

 

大切なのは行動

ブログの世界では月間10,000PVというのは、驚くような数字ではないです。かえって、8年も続けていて10,000PVというのは効率が悪いともいえるでしょう。しかし、タイトルに書いたようにこの経営者さんはネットの知識はからっきしといってもよく、「SEO(検索エンジン最適化)って何?」という方なんです。ブログを拝見させていただきましたが、昔は携帯から更新していたんだろうなぁというのが一目でわかる文章のクセがあり、お世辞にも読みやすいとは言い難いほど。

ところが、ブログの中身を見てみると、なぜかとっても興味を引く内容と構成になっているのである!?

「ネタの選び方が上手いですね」と投げかけてみると、「8年やっているとなんとなくコメントが付いたり、問い合わせがくる投稿の仕方が身についてきた気がする」という答えが帰ってきた。

成功するまで続けるという、「失敗しない秘訣」を自らの経験から導き出した行動力に感動!

「素晴らしい!!!」と思わずスタンディングオベーションを送ってしまった。

このクライアントさんにはソーシャルメディアの活用や、コンテンツの充実などとっておきのノウハウを伝えてあげたいと思います。

 

経営者が本気になって動かなければ成果は得られない

これまでいろいろなクライアントさんにコンサルをさせていただいたけれど、なかなかここが伝わらない事が多いです。大抵が、「もっと楽な方法ないの?」とか、「代わりにやってくんない?」とかいってくる経営者さんがほとんど。経営者さんの仕事に、人を動かすということがあるのでそう言いたくなる気持ちは分からないではないですが、本業でないコンサルタントにその会社の命運を預けようとするのは間違っています。

コンサルタントは顧客の目線に立ってその商品やサービスのベネフィット(便益)を紹介できるほど、クライアントの商品やサービスを理解していません。それは、過去の「お客様の声」という貴重な財産を持っているクライアント自身にしかわからないことなのです。

 

経営者はネットから何らかの売り上げを得ることを望むのであれば、もっと本気で勉強する必要があります。そして、投資が必要です。

それは、営業マンを雇い、育成するのと同じほどの資金と労力を投じる必要があると言えます。投資もしないでリターンがあるわけないじゃないですか。

決断し、行動してこそ競合が追いついてこれないブルーオーシャンにたどり着けるのではないでしょうかね。

 success

独学でもできないことはありませんが、どんどん発達するネットやテクノロジーについていくのはとても大変でしょう。

コンサルタントはそんな悩みの解決をおてつだいしますよっと。

i:sh:コンサルが必要な訳>>