facebookをビジネスで利用するのに、商圏のユーザー数を知っておくことは大切です。

facebookの広告ターゲット設定を利用するとそれを調べることができますので、松江市のfacebookユーザー数を調べてみたいと思います。応用すれば、他の地域でも簡単に調べることができますよ。

 

facebook広告マネージャーを開く

まずは、ニュースフィード左側のメニューから、「広告マネージャー」をクリックします。

広告マネージャー

すると、「広告キャンペーン」というページが表示されますので、右上にある緑色のボタン「広告の作成」をクリックしてください。

広告キャンペーンページ

すると、こんなページになります。

種別選択

「ページのいいね!」をクリックすると、facebookページを選択するドロップダウンメニューが表示されますので、自分の管理するfacebookページを選択してください。

 

広告編集画面のターゲット設定で調べたい地域を設定する

facebookに広告を掲載

このような広告編集画面が表示されますので、下の方にスクロールして「ターゲット設定」を表示させてください。

右側に表示される「オーディエンス」の数字が、指定した地域のfacebookユーザー数です。

ここで「国」、「都道府県」、「市区郡町村」のいずれかにチェックをして、地域名を入れるとその地域のユーザー数が表示されます。国以外の地域名は半角英数で、「shimane」や「matsue」のように入力する必要があります。日本語での入力には対応していませんので注意してください。

 

島根県のfacebookユーザー数

都道府県にチェックをして、半角英数で「shimane」と入力すると、ドロップダウンにも同様に表示されるのでそれを選択します。すると、結果が...

県選択

結果は68,000人!!!

不正アカウントや休眠アカウントもあるでしょうが、県民人口約70万人のほぼ10分の1です。

 

松江市のfacebookユーザー数

業態によって、全県下をカバーできない業種もあると思いますので、次に市町村レベルの松江市に絞って見てみましょう。

市町村にチェックを入れて、半角英数で「matsue」と入力すると、ドロップダウンで「Matsue-Shi,japan」と表示されるので選択します。結果は...

facebookユーザー数 松江市

22,000人!!!

松江市の人口は約20万人ですから、こちらは約10人に1人よりも多いユーザー数になりますね。

 

実際の投稿リーチ率

当社のクライアントさんで、店舗集客型の業態のため、商圏に絞ってファン獲得をしてきたファン数300人強のfacebookページを例にします。1つの投稿で、投稿の広告を使わなかった場合の記事のリーチ数は、400~700ぐらいです。

投稿の内容に左右されるものの、ページのファン数の1.5倍から2倍ぐらいの範囲です。facebookページのファンを増やすことはとても重要なんですよ!

1円もかけずにこれだけの情報発信をでき、交流もできるわけですから、ローカルの事業でfacebookに取り組まないのは、絶対に損だと思います!!!